私は、愛の渦 映画のフル動画を無料で見ました!

⇒こちらで

 

 

愛の渦は、演劇ユニット「ポツドール」を率いる演出・脚本家である三浦大輔さんが同ユニットの舞台劇を映画化し、自らメガホンをとったドラマ作品です。

池松壮亮さん、門脇麦さんのほか、新井浩文さん、滝藤賢一さん、田中哲司さんら実力派が結集しています。

 

 

愛の渦 映画のフル動画のあらすじですが…

高級マンションの一室に設けられた秘密クラブ、ガンダーラ。

そこで開催される乱交パーティーに、ニート、フリーター、サラリーマン、女子大生、保育士、OL、ピアスだらけの女たちが参加する。

セックスしたいという共通の欲望と目的を抱えている彼らだったが…

 

これ以上話すとネタバレになりますので

⇒こちらで愛の渦 映画のフル動画を無料でご覧になってください☆

 

 

【愛の渦】映画の動画がフルで見れるのに無料なのはなぜ?

【愛の渦】映画の動画がフルで見れるのに無料で見れるのはなぜなのでしょうか?

 

それは、大手動画配信サービスのU-NEXTに登録し

31日間基本料金無料キャンペーン

を使っているからです!

 

U-NEXTは、HuluやFODプレミアムなどと一緒で、

VODと言われるネット動画配信サービスの一つです。

 

このVODの中でU-NEXTは、特出してすごいんです!

    U-NEXT A社 B社
月額定額サービス 定額で利用できるサービス一覧
  • ビデオ見放題
  • 雑誌読み放題
  • 1,200円分のポイント付与/月
ビデオ見放題

ビデオ見放題

(他会員特典多数)

利用可能アカウント数
ビデオ配信内容 本数 約130,000本 約50,000本 約27,000本
配信ラインナップの特徴

全ジャンルが充実

特にアニメ・韓流ドラマ・ファミリーキッズ・アダルトビデオが他に比べ圧倒的

海外ドラマ・国内ドラマ・バラエティーが充実 特出事項なし
NHKオンデマンド

新作

(毎月付与されるポイントを使って見放題で視聴可能)

有料

アダルトビデオ

(成人向け)

 

(毎月付与されるポイントを使って視聴可能)

その他 ダウンロード機能 △一部可能
キャンペーン   31日間無料トライアル 14日間無料トライアル 30日間無料トライアル 

 

 

上の表を見てわかるように、

まず取り扱い本数がすごい!!

圧倒的の約130,000本!!

U-NEXTなら、新作もレンタルビデオ屋さん並み!

モノによっては

こちらの方が早い時もあります(^.^)

 

新作の場合は、サービス内のポイントが必用なのですが

(具体的には、300~540ポイントかかります)

登録時は600ポイントが付与されるので問題ありません。

 

ただ【愛の渦】映画のフル動画は見放題ですので

何の問題もなく

無料視聴できますよ♪

 

(ちなみにこれは2018年10月の情報です。突然配信が終わっちゃう事もありますので、U-NEXTのサイトで最新の情報をご確認願います。)

 

 

実は、私は以前、ほかのサービスを使っていましたが

正直ないものの方が多かったです。

 

ストレスたまるんですよね。何気に。

 

やっぱり網羅性って大事ですよ!!

 

愛の渦 映画のフル動画のキャスト、監督、脚本などのスタッフ情報

こちらでは、愛の渦 映画のフル動画の出演陣、スタッフをまとめました。

 

愛の渦 映画のフル動画のキャスト

  • ニート:池松壮亮
  • 女子大生:門脇麦
  • サラリーマン:滝藤賢一
  • 保育士:中村映里子
  • フリーター:新井浩文
  • OL:三津谷葉子
  • 工員:駒木根隆介
  • 常連:赤澤セリ
  • カップル(男):柄本時生
  • カップル(女):信江勇
  • 店員:窪塚洋介
  • 店長:田中哲司

 

 

愛の渦 映画のフル動画のスタッフ

  • 原作・脚本・監督:三浦大輔

 

 

愛の渦 映画のフル動画を見た人のレビュー(ネタバレもあるかも!)

こちらでは、愛の渦 映画のフル動画を見た人のレビューに関して映画紹介サイトと、Twitterにあったものをまとめました。

 

愛の渦 映画のフル動画を見た人のレビュー(映画紹介サイト編)

レビュー男1

わかるわかると思う人間の本質

ただただエロいのかと思い、少し身構えて見に行った。

けど結論。そんな映画ではなくて
人間の本質、醜さ、色々なものを生々しく描き出した映画だった。

わかるわかると思う人間の一面が垣間見えて、徐々に浮き出てくる登場人物の本性が本当にリアルだった。
自分もその場に参加していると錯覚するくらい。最後はなんだか恥ずかしいようないたたまれないような、
なんとも言えない感情になりました。

面白かった!

引用:映画.com

レビュー男2

メガネ地味子、最高っス

いきなりああいう状況、場所に飛び込んできちゃえる心象にも関わらず、はじめは互いに探り合い、というシチュが生々しい。
観てる途中で例のあのいろんなものが混ざり合った独特な匂いが漂ってきたような錯覚を覚えた。
実際にあったら流行るんじゃないすかね。実際にあるのかも。でも、トラブルだらけですぐバレそうすね。
最後に、『エロい保母さんよりメガネ地味子(キッパリ』

引用:映画.com

レビュー男3

顔面偏差値とコミュ力の重要さww

さすが、元舞台。
セリフの言い回しや間が凄く良かった!

とてもリアルで、いるいるーこんな人と共感する部分が多かった。
そして、こんな場でも必要な顔面偏差値とコミュ力ww

愛がないSEXなんて絶対無理て言う人を一蹴しながらも体をつなげることからの執着とその先の愛を上手く描いていると思う。

全体的にとてもまとまっていて良かったけど、個人的には主人公2人以外の登場人物の外に出た顔も最後に流して欲しかった。
ので-0.5

引用:映画.com

レビュー男4

極めて出来のいい作品。

 乱交パーティー、などという文言がチラシや広告に踊っていたため、ある種、キワモノ映画として、余り関心が持てなかったのですが、レビューを読んでいると、コメディーに近い、などの記述があり、一度、観てみようと思い、テアトル新宿まで出かけて行きました。途中、チケットポートに寄り、前売り券を買ったところ、なんと、最後の一枚でした。担当の人に訊いてみると、この映画の前売り券は大いに売れているとのことでした。午前10時50分の回を鑑賞。客の入りは6割弱。中高年の男性客が目立ちました。
 男四人、女四人が初めて顔を合わせ、自己紹介をする場面は、まるで、ユースホステルのミーティングのようで、なかなか現実感が現れていました。性行為をする場所が一階下にあり、その上の待合室とでもいえる部屋では、全員が白いバスタオルを胴体に巻いています。最初から最後まで全員が全裸と云う訳ではないのです。性行為の場面はかなりデフォルメされています。主役の門脇麦がやり過ぎ友思えるくらいの大声を出します。また、途中から加わる柄本時生とその妻(もの凄く太っています。役者の名前は不明)がこの映画に厚みを増していきます。まるで、フェリーニの映画に出てきそうな、その妻との圧迫感溢れる性交シーンは、まるで、マンガでした。
 映画を観終わってからの印象は、アメリカの劇作家エドワード・オ―ルビーの代表作「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」の群像劇版、ということになります。今まで鬱積していた男の言い分、女の言い分が、至る所で爆発するからです。煎じつめて云えば、残酷な喜劇、ということになるでしょうか。パーティーの終了時刻である朝の五時になって、ストーカー対策の為、まず、女性が退出し、そして、その後、男性が退出します。この映画はここで終わるのかと思っていると、最後になんとも残酷なエピソードがくっついています。また、最後の最後に窪塚洋介が頭にパーマをあてた恰好て、重要な役割を果たしていたことに気がつきました。
 この映画は3月下旬現在、私が今年、観た映画の中で最良の映画でした。五月に開催されるカンヌ国際映画祭に出品してもかなりいいところまで行くのではないのでしょうか。
 映画マニアを自負する人なら、絶対に見逃してはならない逸品です。是非とも、先入観を取り払って劇場へ行きましょう。

引用:映画.com

レビュー男5

『高度なギャグ』の裏から滲み出るヒトの生々しい性。

非常に良かった。

性交の回数と共に場の雰囲気がガラッと変わる。
雰囲気と共に炙り出される登場人物の性格、そして人間の性。
その生々しさ、浅ましさ、愛おしさにグッときました。

特筆すべきは、やはり門脇麦演じる「女」。
地味で自分に自信の無い若い女性が、ある分岐点を境に豹変。
その豹変ぶりに魅せられます。
中盤以降はその異様な存在感に目が離せなくなりました。
彼女の荒々しい動きと声。
これが観たくて聞きたくて、待ち望む自分がいました。

他の女性も体当たり演技が大胆かつ自然で良かったです。
女同士の距離感の図り方、裏でのディスり合いも巧かったと思います。

また男性陣も総じて良かった。
新井浩文演じる「男」が場の雰囲気を、流れを作る役割を果たしており、その軽薄さと動物的な優劣の判断/弱者の除外をする荒々しさが良かった。
また滝藤賢一演じる「男」も日常を引きずる人物としての序盤の働きが特に良かった。
ヌルッと出てくる動きも(良い意味で)気持ち悪い。

そして駒木根隆介演じる「男」。
こいつが劇場内の笑いを掻っ攫う掻っ攫う。
言動から醸し出される情けなさも良いのですが。
無防備な後姿の情けなさ、これが良かった。
終盤間際に報われる場面があるものの、その後の掌返し。
その唖然茫然、疑心暗鬼具合も表情/言動によく出ており良かったです。

場面場面で爆笑しつつ人間の性を垣間見えゾッとする。
怖いけど面白い。面白いけど怖い。
様々な感情が渦巻く中で、緊張と緩和が繰り返されて123分があっという間。

観終わった後の観客席は何か気まずい秘密を抱えたような感覚を共有しており、終盤の或る場面に似た雰囲気になっていました。
そんな雰囲気が味わえるのは劇場のみ。
是非、劇場に足を運んで他の観客と共犯になり、あの雰囲気を味わっていただきたい。

オススメです。

引用:映画.com

 

 

 

愛の渦 映画のフル動画を見た人のレビュー(Twitter編)

 

 

 

【警告】愛の渦 映画のフル動画をdailymotion、youtube、Pandora、ニコニコ動画等での視聴はおすすめしません!

愛の渦 映画のフル動画ですが、実はdailymotion、youtube、Pandora、ニコニコ動画等でも無料で見れる可能性があります。

 

しかし…

 

愛の渦 映画のフル動画をdailymotion、youtube、Pandora、ニコニコ動画等での視聴はおすすめしません!

 

なぜなら、これらのサイトに上がっている動画は

 

違法動画

 

だからです。

 

だいぶ前から、違法動画のアップロードは犯罪として処罰の対象となっております。

 

それに加え現在では、違法動画を閲覧しただけでも処罰の対象となる恐れがあります。

 

しかも、これらの違法動画には、ウィルスの危険もあります。

 

個人情報、特にクレジットカードなどの情報が抜かれてしまったり、ウィルス感染したパソコンが突然クラッシュしたりする可能性があります。

 

危険が沢山ある違法動画の閲覧は、できる可能性はありますがおすすめいたしません。

 

愛の渦 映画のフル動画を無料で見るには、大手動画配信サービスのU-NEXTに登録し、31日間基本料金無料キャンペーンの間にご覧になられるのが一番おすすめです。

 



※この情報は、2018年12月31日現在のものになります。現在実施中の31日間基本料金無料キャンペーンですが、予告なく終了する可能性があります。また、作品によっては、配信が終了しているかもしれません。最新の情報は、U-NEXTホームページにてご確認いただきますようお願いいたします。