私は、娼年 映画のフル動画を無料で見ました!

⇒こちらで

 

 

娼年は、石田衣良さんの小説を、舞台でも組んだ三浦大輔監督と松坂桃李さんのコンビで映画化した衝撃作です。

退屈な生活を送っていた主人公が男娼となり、成長していく過程を描いています。

今作での松坂桃李さんは、性描写に一切の妥協をしなかったという三浦監督のもと、まさに体当たりの芝居を披露しています。

 

 

娼年 映画のフル動画のあらすじですが…

大学生のリョウこと森中領は、バーのアルバイトに精を出していた。

ある晩、ホストクラブで働いている中学時代のクラスメートの田島進也が、客の御堂静香を連れてリョウがいるバーを訪れ…

 

これ以上話すとネタバレになりますので

⇒こちらで娼年 映画のフル動画を無料でご覧になってください☆

 

 

【娼年】映画の動画がフルで見れるのに無料なのはなぜ?

【娼年】映画の動画がフルで見れるのに無料で見れるのはなぜなのでしょうか?

 

それは、大手動画配信サービスのU-NEXTに登録し

31日間基本料金無料キャンペーン

を使っているからです!

 

U-NEXTは、HuluやFODプレミアムなどと一緒で、

VODと言われるネット動画配信サービスの一つです。

 

このVODの中でU-NEXTは、特出してすごいんです!

    U-NEXT A社 B社
月額定額サービス 定額で利用できるサービス一覧
  • ビデオ見放題
  • 雑誌読み放題
  • 1,200円分のポイント付与/月
ビデオ見放題

ビデオ見放題

(他会員特典多数)

利用可能アカウント数
ビデオ配信内容 本数 約130,000本 約50,000本 約27,000本
配信ラインナップの特徴

全ジャンルが充実

特にアニメ・韓流ドラマ・ファミリーキッズ・アダルトビデオが他に比べ圧倒的

海外ドラマ・国内ドラマ・バラエティーが充実 特出事項なし
NHKオンデマンド

新作

(毎月付与されるポイントを使って見放題で視聴可能)

有料

アダルトビデオ

(成人向け)

 

(毎月付与されるポイントを使って視聴可能)

その他 ダウンロード機能 △一部可能
キャンペーン   31日間無料トライアル 14日間無料トライアル 30日間無料トライアル 

 

 

上の表を見てわかるように、

まず取り扱い本数がすごい!!

圧倒的の約130,000本!!

U-NEXTなら、新作もレンタルビデオ屋さん並み!

モノによっては

こちらの方が早い時もあります(^.^)

 

新作の場合は、サービス内のポイントが必用なのですが

(具体的には、300~540ポイントかかります)

登録時は600ポイントが付与されるので問題ありません。

 

【娼年】映画のフル動画を見るには、540ポイント必要ですが

付与ポイントがありますので

無料視聴できますよ♪

 

(ちなみにこれは2018年10月の情報です。突然配信が終わっちゃう事もありますので、U-NEXTのサイトで最新の情報をご確認願います。)

 

 

実は、私は以前、ほかのサービスを使っていましたが

正直ないものの方が多かったです。

 

ストレスたまるんですよね。何気に。

 

やっぱり網羅性って大事ですよ!!

 

娼年 映画のフル動画のキャスト、監督、脚本などのスタッフ情報

こちらでは、娼年 映画のフル動画の出演陣、スタッフをまとめました。

 

娼年 映画のフル動画のキャスト

  • 森中領(リョウ) – 松坂桃李
  • 御堂静香 – 真飛聖
  • 咲良 – 冨手麻妙
  • 平戸東(アズマ) – 猪塚健太
  • 白崎恵 – 桜井ユキ
  • 田島進也(シンヤ) – 小柳友
  • イツキ – 馬渕英里何
  • 主婦 – 荻野友里
  • 紀子 – 佐々木心音
  • ヒロミ – 大谷麻衣
  • 階戸瑠李
  • 泉川氏 – 西岡徳馬
  • 老女 – 江波杏子

 

 

娼年 映画のフル動画のスタッフ

  • 原作 – 石田衣良「娼年」
  • 脚本・監督 – 三浦大輔
  • 音楽 – 半野喜弘 and RADIQ septet

 

 

娼年 映画のフル動画を見た人のレビュー(ネタバレもあるかも!)

こちらでは、娼年 映画のフル動画を見た人のレビューに関して映画紹介サイトと、Twitterにあったものをまとめました。

 

娼年 映画のフル動画を見た人のレビュー(映画紹介サイト編)

レビュー男1

艶やかで哀しいイニシエーションと解放の物語

一説ではゲイ筋にも人気が高いらしい松坂桃李。序盤から美尻が大写しになる全裸シーンが満載で、そうした客層も狙っているのかと思いながら見進めていくと、途中でリョウがゲイの世界を垣間見る(半分体験する、と言うべきか)場面が出てきて、妙に納得した次第。

さまざまな性癖を抱える女性客たちが、娼夫リョウとの行為を通じて解放されていくというパターンが繰り返されるのだが、セックス描写は生々しくも美しく、そしてどこかもの哀しい。日本の社会において男女の格差、非対称性が根強く残り、女性の性も抑圧されたままだという現実を反映しているからかもしれない。

リョウもまた、彼女たちとの行為を重ねることで精神的に成長し、“少年”から“大人”へと生まれ変わる。映画全体を壮大なイニシエーションの物語と見なすこともできよう。

引用:映画.com

レビュー男2

身体と心を重ねて

公開時から松坂桃李の脱ぎっぷり、絡み、濡れ場が話題だったが、こりゃ確かにスゲェ…。
ほとんどポルノかAV。
出始めた頃は若手イケメンの一人に過ぎなかったが、いつの間にか色んな役をやるようになり、まさかこんな役までやるようになるとは…!
もうただのイケメン俳優と呼ぶ人は居るまい。日本映画界の頼もしい実力派。今じゃすっかり同世代の中でも特に好きな俳優の一人。
濡れ場ばかり話題になるが、本作も彼の繊細な演技が光る。

無気力で、世の中も女性もSEXもつまらない。
淡々とバーのバイトに明け暮れる大学生の領は、ある日、魅惑的な淑女・静香にスカウトされる。
彼女はボーイズクラブの経営者で、娼夫の世界に足を踏み入れる…。

題材が題材なので、際どいシーンの連続。
本番さながらのSEXシーンは勿論、フ○ラ、手○キ、放尿、レ○プまがい&撮影、さらには痛みが快感の同僚と…!
凄いとは聞いていたが、想像以上。正直、びっくり。
際どく、生々しいが、でも卑猥には感じなかった。
女性たち各々の心の声…。
底無し沼のような果てなき欲求、特異な性癖、夫に相手にされない、夫の望みに応えたい…。
客ではないが、同僚の娼夫も然り。
抱える悩み、孤独、理解されたい、知って欲しい、見て欲しい…。
そんな欲求や声や孤独を、いい意味で“普通”の領が受け入れ、受け止める。
金の為に身体を売ったり、男が性の捌け口の為だけに女を買うのとは違う。

あっという間に売れっ子になった領。
邪な気持ちなどではなく、純粋に仕事にやりがいを見出だしていく。
そんな領にも人知れず抱えるものが。
未だ夢に見る亡き母の姿。
領を指名してくるのは年上女性が多い。
一見、彼に母性本能を擽られて…のようだが、実際はその逆ではないだろうか。
自分を包み込んでくれる癒し、温もり、触れ合い、存在…。
静香の肩を借りて泣きじゃくる姿なんてまさにそう。
最も孤独で、胸の内を聞いて欲しいのは、自分。
幼い子供のように欲したい、母の面影を求めて…。

この世界、この世界の人々、そう理解はされない。
汚らわしい。偏見。職業差別の対象。
本当はただのイヤらしい性欲を、美化しているのかもしれない。
単純に肯定も否定も出来ない。
だからこそ追い求めている。
理解を。胸の内を。
身体と心を重ねて。

松坂桃李の体当たり熱演も素晴らしいが、彼と絡んだ女優たちの、AV女優並みの喘ぎや昇天も称賛モノ。
中でも、江波杏子は貫禄違い!

同監督&松坂桃李主演で、映画より前に舞台で上演。
舞台でもあの数々の濡れ場を披露していたかと思うと…、一見してみたいものだ。

引用:映画.com

レビュー男3

あれ、これはかなり深い話ですよ!

松坂桃李が売春するだけ、裸でやりまくるだけ?では無いのです。観たままだとそうですが、それを楽しむだけも十分元は取れると思うのですが、描いたのはそうじゃない。まー、それにしては、男から見ても、松坂桃李の尻は美しい。
前振りはさておき、まず、愛とは何か、それを考えさせられる。
みんな、若くて綺麗のを求めるのは同じですが、その前に自分を理解して、受け容れてくれる人を第一に考える。
松坂桃李の役は、どん人でも受け容れて理解しようとする。
彼は幼い頃に母を亡くし、年上に対する憧れはあるのですが、それだけでは語れない、受け容れる力がある。
変態の客や婆さんもいる。それを、なんでもやりますではなくて、まず、理解して受け容れる、それは文字にしても何か薄い小手先の印象を受けるが、松坂桃李の演技には、それを考えさせられるものがある。
今まで、松坂桃李をみくびっていたが、ここまでできるかなと思ってしまう。普通に見せるのが一番難しいです。
それも、とても普通しないことを、やりながら、説特力があるなんて、そんな役者あまりいないですよ。
それから、売春に対する考え方にも考えさせられる。認めている国もありますし、歴史的にみても神聖な仕事だとされていた時代もありますし。
そもそも、身体を売るわけではなく、サービス業ですから。

愛の本質とか世の中とか色々幅広いですが、とにかく松坂桃李の身体は美しいですよ。

引用:映画.com

レビュー男4

娼年

不思議なお話であった。思いの外テンポが良く中弛みが意外と無かったなーという印象。
ただ話が進むにつれ、これは女性の欲望の多様性と欲望を受け入れる側になった男性の物語だと思ったので「私男の人を抱きたいの。犯したいの」という女性客が絶対出てくるのだろうなと思っていたのですがそういう訳でもなく。
もっと女性の欲望を受け入れる姿が見たかったなと思った。娼夫という仕事であれば尚更。
あと流石に終始あのドリブル手マンはどうなの…?と思った。全編通してそうだったし。

あと松坂桃李、AV男優になる。のシーンは流石に笑って良いのか?となった。唯一コミカルっちゃあコミカルなシーンであるし。

やっぱりセックスって客観的に観ると滑稽なものなんだよな、と妙に冷静な気持ちにもなった。

終盤の母親が娼婦だった事を知るシーンは必要かなあ?と個人的には思った。
全編通して松坂桃李は凄く良かったと思う。
あと、出てくる女性客が皆普通の女が多かったのも好感が持てた。

余談だが、風の噂でこの作品の応援上映が開催されてたと聞いたがどんな感じで行われてたのか非常に気になる。手マンや腰を振るシーンでタンバリンを鳴らしたりしたのだろうか。

引用:映画.com

レビュー男5

欲望の深い海を潜航する

公開時に原作を読みました。観に行きたかったのですが劇場に足を運べず、Blu-rayにてようやくの鑑賞です。
石田衣良の小説は「I.W.G.P.」シリーズや「眠れぬ真珠」、「夜の桃」などを読んだことがありますが、総じて思うのは女性の描き方が本当にうまいな、ということです。作品に登場する女性たちは全てリアルで、目の前にその輪郭が浮かんでくるようです。心の機微が丹念に描写されていて、何でそこまで分かるのだろうと作者の洞察力が羨ましくなります。それに文章のひとつひとつがとても繊細で美しいです。
本作の原作もご多聞に漏れずでした。登場する全ての女性、それぞれの持つ欲望の形のどれもが愛おしく感じられ、それに触れることで成長していくリョウの姿が繊細なタッチで描かれていて、とても感動しました。そんな印象を引きずっての鑑賞でしたが、個人的には全く期待を裏切られることなく、原作の読後感と同じような静謐な気分に浸ることができました。

松坂桃李はリョウ役にピッタリです。誰もが太鼓判を押すんじゃないでしょうか。どこか斜に構えているような仕草が、表情も含めて抜群に上手いなと感じました。退屈だった毎日が輝き出し、それに連れて感情が豊かになっていく様を、作品世界に合わせたのだろう抑えた演技ながらも見事に表現しているように思います。
始めは目を覆っていた前髪が、娼夫の仕事を通して成長していく中でだんだんと上がっていくところがさり気なくて良いです。視野の広がり、ということでしょうか。

リョウの前に登場する多彩な女性たちひとりひとりが本当に魅力的です。それぞれが秘めた欲望をさらけ出すとき、人間が持つ真の美しさが現れてくるように感じました。それを体現する女優陣の演技力に舌を巻きました。
大胆で淫らな側面が浮き彫りになり、全てが剥き出しになった瞬間、何もかもをかなぐり捨ててただただ欲望のために求め合う…本作で描かれる様々な形の濡れ場が感情を揺さ振ります。原作が持っていた場面の美しさに加えて、映像ならではの生々しさがあり、さらには快楽に溺れることへの刹那的というか、ある種の儚さと怖さと切なさを感じました。
使い古された表現だとは思いますが、観ていると次第にどこまでも深いところへ沈んでしまいそうな恐ろしさがありながら、それにいつまでも身を委ねていたくなる感覚に捕らわれました。
その後には、体中を取り巻いていた澱が全て流れ落ちて、芯から浄化されていくようなふとした爽快感が訪れ、やがて気怠い時間が流れるような…。何だか、一仕事終えた気分になりました。

監督の指示なんでしょうが、あの前戯だけはいただけないなぁ。下手くそ過ぎる…。あんなに激しくしたら痛いですよ。気持ち良くないんじゃないかな。かつて怒られたことがあるので…。もっと労わらないと、デリケートな部分なんだから。
始めの方でリョウは女性をつまらないと感じているから、思いやりが無くて独り善がりになっているせいかなと考えていましたが、後半になっても全く改善されないので、単なる監督か演者の経験値の問題なのかと。私も他人にとやかく言えるような立場ではないですが、そこが本作唯一の幻滅ポイントでした。他のレビューを読んで、そう感じたのが私だけじゃないと少し安心しました。あれが許されるのはマジでAVだけでしょう(笑)

本作のシーン全てにおいて、とても艶めかしくエロティックで、薄絹に指を滑らせているような滑らかな質感の映像が、ものの見事に原作の世界観を表現しているなと。
画面に、まるで深海のような幻想的な揺らめきを感じました。夜や暗い場面が多いので余計そんな風に感じたのかもしれません。
いい映画を観たな、と鑑賞後に素直にそう思えました。

本作では女性限定の応援上映が開催されていましたが、どこをどんな風に応援するんでしょうか、少し気になります(笑)

引用:映画.com

娼年 映画のフル動画を見た人のレビュー(Twitter編)

 

 

 

【警告】娼年 映画のフル動画をdailymotion、youtube、Pandora、ニコニコ動画等での視聴はおすすめしません!

娼年 映画のフル動画ですが、実はdailymotion、youtube、Pandora、ニコニコ動画等でも無料で見れる可能性があります。

 

しかし…

 

娼年 映画のフル動画をdailymotion、youtube、Pandora、ニコニコ動画等での視聴はおすすめしません!

 

なぜなら、これらのサイトに上がっている動画は

 

違法動画

 

だからです。

 

だいぶ前から、違法動画のアップロードは犯罪として処罰の対象となっております。

 

それに加え現在では、違法動画を閲覧しただけでも処罰の対象となる恐れがあります。

 

しかも、これらの違法動画には、ウィルスの危険もあります。

 

個人情報、特にクレジットカードなどの情報が抜かれてしまったり、ウィルス感染したパソコンが突然クラッシュしたりする可能性があります。

 

危険が沢山ある違法動画の閲覧は、できる可能性はありますがおすすめいたしません。

 

娼年 映画のフル動画を無料で見るには、大手動画配信サービスのU-NEXTに登録し、31日間基本料金無料キャンペーンの間にご覧になられるのが一番おすすめです。

 



※この情報は、2018年12月31日現在のものになります。現在実施中の31日間基本料金無料キャンペーンですが、予告なく終了する可能性があります。また、作品によっては、配信が終了しているかもしれません。最新の情報は、U-NEXTホームページにてご確認いただきますようお願いいたします。