私は、告白 映画のフル動画を無料で見ました!

⇒こちらで

 

 

告白は、2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラー小説を原作に、教え子にまな娘を殺された中学校教師の復讐を描くミステリー作品です。

監督は中島哲也さんです。

松たか子さんがヒロインの狂気を体現するほか、木村佳乃さん、岡田将生さんらが共演しています。

 

 

告白 映画のフル動画のあらすじですが…

—とある中学校の1年B組—

終業式後のホームルームで、教壇に立った担任の森口悠子…

「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」

 

教室内は一瞬にして静まりかえり…

 

これ以上話すとネタバレになりますので

⇒こちらで告白 映画のフル動画を無料でご覧になってください☆

 

 

【告白】映画の動画がフルで見れるのに無料なのはなぜ?

【告白】映画の動画がフルで見れるのに無料で見れるのはなぜなのでしょうか?

 

それは、大手動画配信サービスのU-NEXTに登録し

31日間基本料金無料キャンペーン

を使っているからです!

 

U-NEXTは、HuluやFODプレミアムなどと一緒で、

VODと言われるネット動画配信サービスの一つです。

 

このVODの中でU-NEXTは、特出してすごいんです!

    U-NEXT A社 B社
月額定額サービス 定額で利用できるサービス一覧
  • ビデオ見放題
  • 雑誌読み放題
  • 1,200円分のポイント付与/月
ビデオ見放題

ビデオ見放題

(他会員特典多数)

利用可能アカウント数
ビデオ配信内容 本数 約130,000本 約50,000本 約27,000本
配信ラインナップの特徴

全ジャンルが充実

特にアニメ・韓流ドラマ・ファミリーキッズ・アダルトビデオが他に比べ圧倒的

海外ドラマ・国内ドラマ・バラエティーが充実 特出事項なし
NHKオンデマンド

新作

(毎月付与されるポイントを使って見放題で視聴可能)

有料

アダルトビデオ

(成人向け)

 

(毎月付与されるポイントを使って視聴可能)

その他 ダウンロード機能 △一部可能
キャンペーン   31日間無料トライアル 14日間無料トライアル 30日間無料トライアル 

 

 

上の表を見てわかるように、

まず取り扱い本数がすごい!!

圧倒的の約130,000本!!

U-NEXTなら、新作もレンタルビデオ屋さん並み!

モノによっては

こちらの方が早い時もあります(^.^)

 

新作の場合は、サービス内のポイントが必用なのですが

(具体的には、300~540ポイントかかります)

登録時は600ポイントが付与されるので問題ありません。

 

【告白】映画のフル動画は、見放題ですので

何の問題もなく

無料視聴できますよ♪

 

(ちなみにこれは2018年10月の情報です。突然配信が終わっちゃう事もありますので、U-NEXTのサイトで最新の情報をご確認願います。)

 

 

実は、私は以前、ほかのサービスを使っていましたが

正直ないものの方が多かったです。

 

ストレスたまるんですよね。何気に。

 

やっぱり網羅性って大事ですよ!!

 

告白 映画のフル動画のキャスト、監督、脚本などのスタッフ情報

こちらでは、告白 映画のフル動画の出演陣、スタッフをまとめました。

 

告白 映画のフル動画のキャスト

  • 森口 悠子 演 – 松たか子
  • 寺田 良輝 演 – 岡田将生
  • 下村 優子 演 – 木村佳乃
  • 森口 愛美 演 – 芦田愛菜
  • 桜宮 正義 演 – 山口馬木也
  • 戸倉 演 – 高橋努
  • 渡辺修哉の父 演 – 新井浩文
  • 渡辺修哉の母 演 – 黒田育世
  • 渡辺修哉の継母 演 – 山田キヌヲ
  • 瀬口教授 演 – 鈴木惣一朗
  • 教授の教え子 演 – 金井勇太
  • 竹中さん 演 – 二宮弘子
  • テレビの声 演 – 山野井仁
  • 阿部 翔太(ポニー:吹奏楽部) – 大倉裕真
  • 上矢 俊介(シュン:バスケットボール部) – 大迫葵
  • 神山 聡(カミやん:バスケットボール部) – 中島広稀
  • 神崎 唯(ザッキー:ハンドボール部) – 清水尚弥
  • 北野 和真(カズ:帰宅部) – 前田輝
  • 下村 直樹(ナオキ:元テニス部) – 藤原薫
  • 杉浦 淳(スギジュン:卓球部) – 倉田伊織
  • 高橋 弘輝(タカ:サッカー部) – 草川拓弥
  • 田中 亮(タナッチ:サッカー部) – 樺澤力也
  • 中西 健斗(ねー坊:バスケットボール部) – 根本一輝
  • 引田 和敬(センパイ:バスケットボール部) – 三村和敬
  • 藤崎 賢太郎(ケン:バスケットボール部) – 清水元揮
  • 星野 祐介(ホッシー:陸上部) – 一井直樹
  • 前川 優真(マエッチ:野球部) – 井之脇海
  • 水野 雄土(ミズ:サッカー部) – 田中雄土
  • 村川 新也(シン:バドミントン部) – 天見樹力
  • 渡辺 修哉(ナベ:帰宅部) – 西井幸人
  • 芦沢 花(アッシー:演劇部) – 知花
  • 石野 美優(ミユー:帰宅部) – 伊藤優衣
  • 大谷 梨紗(リサポン:手芸部) – 近藤真彩
  • 大原 友衣(ユッコ:テニス部) – 柿原未友
  • 小川 桃果(モモ:バレーボール部) – 加藤果林
  • 北原 美月(ミヅホ:バドミントン部) – 橋本愛
  • 桐谷 修花(キリコ:美術部) – 能年玲奈
  • 佐々木 真樹(マッキー:体操部) – 栗城亜衣
  • 高瀬 茜(アンネ:美術部) – 加川ゆり
  • 土田 綾香(アヤ:テニス部) – 三吉彩花
  • 内藤 由香里(ユカリン:元陸上部) – 山谷花純
  • 中谷 美咲(ミーちゃん:読書文芸部) – 沖高美結
  • 西山 かな(ニシカナ:テニス部) – 岩田宙
  • 野口 加奈子(グッさん:吹奏楽部) – 斉藤みのり
  • 野中 あすか(ノッチ:体操部) – 吉永アユリ
  • 林 咲来(サクちゃん:バレーボール部) – 古橋美菜
  • 日野 遥名(ハル:美術部) – 奏音
  • 福山 恭佳(フクキョン:バスケットボール部) – 佳代
  • 松川 早紀(サキンチョ:水泳部) – 野本ほたる
  • 三浦 瑠菜(ルーナ:バレーボール部) – 刈谷友衣子

 

 

告白 映画のフル動画のスタッフ

  • 監督・脚本:中島哲也
  • 原作:湊かなえ『告白』(双葉社刊)
  • 主題歌:「Last Flowers」レディオヘッド
  • 挿入歌:「RIVER」AKB48

 

 

告白 映画のフル動画を見た人のレビュー(ネタバレもあるかも!)

こちらでは、告白 映画のフル動画を見た人のレビューに関して映画紹介サイトと、Twitterにあったものをまとめました。

 

告白 映画のフル動画を見た人のレビュー(映画紹介サイト編)

レビュー女1

衝撃的でした!

小説は読んでいませんが、映画は絶対に観たい!と思っていました。
実際に観てみると、オープニングから心臓を突かれたような衝撃を感じました。
絶対にあってはならない事ですが、私が殺された子供の母親の立場に立ったら、やはり「復讐をしたい」という衝動に駆られると思います (私には出来ない事ですが…)
それだけ大変なことだということです。
個人的な意見を言わせてもらうと、この映画は、子供たちに一番観て貰いたい映画です。そして、大切なことをもう一度みつめなおしてほしいです。

引用:映画.com

レビュー女2

オシャレで衝撃的だった

原作読んでいないのだが、最初から最後まで 衝撃的__D_F9AA__かつ 哀しい 不思議な感覚でした。

まず、
★映像★ 
色褪せた色彩や照明の照らし具合 ハイスピードカメラでの描写 (雨・水溜まり・血・生徒達・・・・・) __D_F8A0__綺麗な空__D_F8A0__ 色んな視点から撮っている点など
と〜っても格好よい映像美__D_F9A9____D_F9A9__

★音楽 効果音★
色んな音楽を流してましたがロック調なのが印象的。効果音も素晴らしく細かい__D_F9A9__観てる側としてドキドキする強弱音、癒しヒーリング音を流してるけど 映像は酷い・・・ その対照的な使い方などが本当に細かく__D_F9A7__考えられてて、うますきる__D_F9A9__

内容もこんな事あったら怖いし、卑劣で子供には絶対見せたくない内容なのに、
この視覚__D_F8F2__(映像)・ 聴覚__D_F8F3__(音楽・効果音)に働きかけ、何とも言えないオシャレな作品に仕上がっている。

引用:映画.com

レビュー男3

森口先生vs生徒の壮絶な駆け引き

いや~この作品はすごいですね。この映画を観たのは丁度一週間程前だと言うのに今だこの作品について考えています。私にとっては「バトル ロワイアル」を初めて観た時の衝撃に似ています。原作本はどれっだけ凄いのかはわかりませんが、この作品はかなりの衝撃でした。

ある中学校に勤める森口先生は警察から娘が亡くなったのは”事故死”と報告されます。しかし、本当はそうではなく彼女の受け持つクラスの生徒の誰かによって殺されと突然暮らすのみんなの前で告白したのです。そして、そこから森口先生と生徒の壮絶な駆け引きが始まったのです。

注目はなんと言ってもオープニングのクラスルームでの松 たか子演じる森口先生と生徒たちの演技。そして、森口先生と生徒の行詰まる心理戦。特に冒頭のクラスルームでのシーンは見ごたえ十分。森口先生の言う一言一言に対する生徒たちのリアクションがあまりにもリアルすぎて凄いとしか言いようがないですね。中島監督はよくあそこまでリアルなシーンを撮ったなと思いました。

それから、あの生徒の計画実行とそれを阻止しようとする先生との心理戦の描き方はお見事でした。緊張感たっぷりに描がかれていて、観てる側を本当に引き付けるものがあります。

ただし、一人の生徒がアレを仕掛け一人の教師がアレをあっさりと解体できるかは現実的に無理があると私は思いました。

しかし、これはなかなかの傑作です。サスペンス物が苦手な人にはオススメできませんが、そうでない人には是非観てほしい一本です。

引用:映画.com

レビュー男4

原作と映画

「どっかーん!」の台詞のCMが印象的だった作品。

公開当初は全く興味が無かったのですが、様々な番組での宣伝等を見ている内に徐々に気になっていき、劇場へ足を運んでしまいました。

が、映画に行く前に原作を読み、それがキッカケで劇場に観に行ったという事もあるのですが、読まずに行った方が純粋に楽しめたかなぁ・・・とも。
映画化の際に多少変更されている部分等もあったので、これはこれで楽しめましたが、是非とも予備知識のないままご覧になるのをお勧め致します。

引用:映画.com

レビュー女5

原作を上回る迫力を魅せた中島監督の映画力

いや、これはスゴイわ!
映画館のスクリーンで観られてよかったわ!!
でも、拍手起きんかったなぁ。こんなんなら、
『トロッコ』のときみたいに、先陣を切って拍手すればよかった!!!

〈 わたしにはわかる 〉

■原作既読者の感想です
 私事ですが、私は本のレビューはAmazonに
 書いているのですが、原作本の評価は星4個をつけました。

 読後感があまりにも悪かったのと、
 余韻を残したエンディングに、これは
 残しすぎじゃないかな、との、不満があり星を1個減らしました。

 ただ一方で
 「一体この作品を、どう映画化するんだろう」との
 疑問と期待は公開初日へ向けて膨らむばかりで、それは
 スクリーンに東宝のマークが大写しにされた瞬間、鳥肌が立ってしまうほどでした。

 登場人物、エンディングに
 原作との、違いがありますが、
 よくここまでほぼ原作に忠実に作り上げ、
 しかもエンディングで監督の味も出している。
 月並みな表現で申し訳ないのですが、感嘆しました!!

 ただもう一人の私もいまして、
 「原作既読だから予備知識もあって鳥肌立てたけど、
  原作未読の人が、いきなり今作を受け入れられるのかな?」

 原作にないエンディングのセリフは
 絶望だけで終わらせるのでなく、光と
 エンタテインメント性の双方を、求めたものと
 私自身は受け取ったのですが、そこに至るまでが
 あまりにもダークで深い闇に、覆われているので
 果たして一筋の光として届いたのかどうか疑問に感じたからです。

 原作未読で今作を鑑賞された人のレビューに大変興味があります(笑顔)

■ストーリーを彩る音楽、符牒にも感動!
 作品全体を通して音楽が、とても良かったです。
 そして場面の間だけでなく、エンドロール中も
 流れますが、ああいう空の、使い方、すごく意味深で
 この先どうなるのかとか、これまでどうだったのかとか
 自然に考えさせられてしまう。暗転とは、また違う方法で
 お客さんに一呼吸入れさせる。空がスクリーンに映るたびに、
 空に映るもの、空の向こうに映るものに思いを巡らせてしまいました。

■松たか子さん、木村佳乃さん。そして芦田愛菜ちゃん
 “松たか子さんが出演オファーを受けてくれること”
 それが今作を映画化するにあたり中島監督の絶対条件。

 中島監督、学生役の子たちには、携帯電話を落とす位置まで
 細かく演出をしたそうですが、松さんに対しては放置状態だったそうです。

 まるでロボットのように無機質に淡々と話すかと思えば、
 ネタバレ防止で最も心に残ったワンシーンだけにしますが、
 終盤路上でしゃがみこんで慟哭してみたりと、感情を捨て
 復讐を機械の様に正確無比に遂行しようとしながらも、人として
 教師としての理性を完全に失うことはできない、その、なんとも
 表現しがたい微妙な感情の匙加減を完璧に演じられているようにみえました。

 ひょっとしたらひょっとして
 日本アカデミー賞最優秀主演女優賞連覇もあるかもしれませんね。

 木村佳乃さんの最大の見せ場は
 まるで洗濯物を干しにいくかのように
 (中島監督に、こう演出されたそうです)
 あることをしにいく場面でしょう。素直に巧かったです。

 芦田愛菜ちゃん。
 松たか子さんの娘役をした女の子。
 今作の撮影時、まさか上映開始日の頃、
 『mother』という日本テレビのドラマで
 5歳なのに実年齢より上の小学生を大人顔負けの
 演技を魅せ話題沸騰しているなんて想像もできなかったでしょう。

 想像していたら、もっとセリフと出番が多かったはずですもんね(苦笑)

☆彡     ☆彡

『殺人の追憶』のような
映画を日本でも製作してヒットさせてみたい

そんな願望も今作にはこめられているそうです。

願望成就へ一歩進みましたよね。
『アリス・イン・ワンダーランド』の連続首位の座を奪取しましたから(笑顔)

ストーリーを知っているのに
スクリーンから眼を離させない中島監督の映画力。

原作は
星4個をつけましたが、
映画は5点満点です!!

な~んてね♪
なんて言葉は続きませんよ(苦笑)

引用:映画.com

 

 

 

告白 映画のフル動画を見た人のレビュー(Twitter編)

 

 

 

【警告】告白 映画のフル動画をdailymotion、youtube、Pandora、ニコニコ動画等での視聴はおすすめしません!

告白 映画のフル動画ですが、実はdailymotion、youtube、Pandora、ニコニコ動画等でも無料で見れる可能性があります。

 

しかし…

 

告白 映画のフル動画をdailymotion、youtube、Pandora、ニコニコ動画等での視聴はおすすめしません!

 

なぜなら、これらのサイトに上がっている動画は

 

違法動画

 

だからです。

 

だいぶ前から、違法動画のアップロードは犯罪として処罰の対象となっております。

 

それに加え現在では、違法動画を閲覧しただけでも処罰の対象となる恐れがあります。

 

しかも、これらの違法動画には、ウィルスの危険もあります。

 

個人情報、特にクレジットカードなどの情報が抜かれてしまったり、ウィルス感染したパソコンが突然クラッシュしたりする可能性があります。

 

危険が沢山ある違法動画の閲覧は、できる可能性はありますがおすすめいたしません。

 

告白 映画のフル動画を無料で見るには、大手動画配信サービスのU-NEXTに登録し、31日間基本料金無料キャンペーンの間にご覧になられるのが一番おすすめです。

 



※この情報は、2018年12月31日現在のものになります。現在実施中の31日間基本料金無料キャンペーンですが、予告なく終了する可能性があります。また、作品によっては、配信が終了しているかもしれません。最新の情報は、U-NEXTホームページにてご確認いただきますようお願いいたします。