私は、ユリゴコロ 映画のフル動画を無料で見ました!

⇒こちらで

 

 

ユリゴコロは、第14回大藪春彦賞を受賞し、第9回本屋大賞にもノミネートされた沼田まほかるさんのミステリー小説を映画化した作品です。

監督を務めるのは、熊澤尚人さんです。

宿命に振り回され、苦しむ殺人者・美紗子を、演技派女優 吉高由里子さんが熱演します。

 

 

ユリゴコロ 映画のフル動画のあらすじですが…

父が余命宣告され、さらに婚約者が突如失踪した亮介は、実家で「ユリゴコロ」と書かれた1冊のノートを見つける。

そこには人間の死でしか心を満たすことができない、美紗子という女性の衝撃的な告白がつづられていた。

亮介は、このノートに強く引き寄せられ…

 

これ以上話すとネタバレになりますので

⇒こちらでユリゴコロ 映画のフル動画を無料でご覧になってください☆

 

 

【ユリゴコロ】映画の動画がフルで見れるのに無料なのはなぜ?

【ユリゴコロ】映画の動画がフルで見れるのに無料で見れるのはなぜなのでしょうか?

 

それは、大手動画配信サービスのU-NEXTに登録し

31日間基本料金無料キャンペーン

を使っているからです!

 

U-NEXTは、HuluやFODプレミアムなどと一緒で、

VODと言われるネット動画配信サービスの一つです。

 

このVODの中でU-NEXTは、特出してすごいんです!

    U-NEXT A社 B社
月額定額サービス 定額で利用できるサービス一覧
  • ビデオ見放題
  • 雑誌読み放題
  • 1,200円分のポイント付与/月
ビデオ見放題

ビデオ見放題

(他会員特典多数)

利用可能アカウント数
ビデオ配信内容 本数 約130,000本 約50,000本 約27,000本
配信ラインナップの特徴

全ジャンルが充実

特にアニメ・韓流ドラマ・ファミリーキッズ・アダルトビデオが他に比べ圧倒的

海外ドラマ・国内ドラマ・バラエティーが充実 特出事項なし
NHKオンデマンド

新作

(毎月付与されるポイントを使って見放題で視聴可能)

有料

アダルトビデオ

(成人向け)

 

(毎月付与されるポイントを使って視聴可能)

その他 ダウンロード機能 △一部可能
キャンペーン   31日間無料トライアル 14日間無料トライアル 30日間無料トライアル 

 

 

上の表を見てわかるように、

まず取り扱い本数がすごい!!

圧倒的の約130,000本!!

U-NEXTなら、新作もレンタルビデオ屋さん並み!

モノによっては

こちらの方が早い時もあります(^.^)

 

新作の場合は、サービス内のポイントが必用なのですが

(具体的には、300~540ポイントかかります)

登録時は600ポイントが付与されるので問題ありません。

 

【ユリゴコロ】映画のフル動画を見るには、540ポイント必要ですが

付与ポイントがありますので

無料視聴できますよ♪

 

(ちなみにこれは2018年10月の情報です。突然配信が終わっちゃう事もありますので、U-NEXTのサイトで最新の情報をご確認願います。)

 

 

実は、私は以前、ほかのサービスを使っていましたが

正直ないものの方が多かったです。

 

ストレスたまるんですよね。何気に。

 

やっぱり網羅性って大事ですよ!!

 

ユリゴコロ 映画のフル動画のキャスト、監督、脚本などのスタッフ情報

こちらでは、ユリゴコロ 映画のフル動画の出演陣、スタッフをまとめました。

 

ユリゴコロ 映画のフル動画のキャスト

  • 美紗子 – 吉高由里子
  • 亮介 – 松坂桃李
  • 洋介 – 松山ケンイチ
  • 亮介の父 – 貴山侑哉
  • みつ子 – 佐津川愛美
  • 千絵 – 清野菜名
  • 美紗子(中学生) – 清原果耶
  • 細谷 – 木村多江

 

 

ユリゴコロ 映画のフル動画のスタッフ

  • 原作 – 沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉社刊)
  • 監督・脚本・編集 – 熊澤尚人
  • 音楽 – 安川午朗
  • 主題歌 – Rihwa「ミチシルベ」

 

 

ユリゴコロ 映画のフル動画を見た人のレビュー(ネタバレもあるかも!)

こちらでは、ユリゴコロ 映画のフル動画を見た人のレビューに関して映画紹介サイトと、Twitterにあったものをまとめました。

 

ユリゴコロ 映画のフル動画を見た人のレビュー(映画紹介サイト編)

レビュー男1

美紗子のユリゴコロは残酷

原作小説は未読で鑑賞レビュー。小説は少し違うらしい。

前半からグロいな〜と思いつつ、これが後半まで続くのか?と当初ヒヤヒヤもんで観てましたが、中盤からガラリと変わった。

タイトル「ユリゴコロ」のネーミング理由も観れば分かるし、美紗子のユリゴコロに匹敵するモノを手に入れた時と失う事になった時の感情は共感できた。
また、後半になって美紗子のユリゴコロ自身にも変化があったのでは無いだろうか?(最後の行動理由的に)

180度性格が変わる様な美紗子演じる吉高由里子さんには「途中変わりすぎだろ」感は強かったが、総合的に観ればなかなかの感情変化の演技で面白かった。

松山ケンイチさんも役柄的には今までの映画と対して変わらないが、芝居は御上手。

松坂桃李さんは演技が上手いとは思えなかった。これが一番残念。

大ボリュームで有りながら、ダレる事が少なかった脚本は見事です。
ただ構成に疑問視。前半吉高由里子回想シーンを少し減らして、木村多江さん行動シーンを多くしてもらいたかった。それならばもう少し評価高かった。

個人的に観てよかったです。秋のミステリー映画として是非御鑑賞下さいませ。

引用:映画.com

レビュー男2

イヤミスの中の愛の形

原作を読んで、公開を楽しみにしていた作品。

少し設定は違い、原作の母の入れ替わりがなかったのは残念でした。但し、沼田まほかるらしいミステリーとして、恐怖や悲しさを醸し出す中にも、最後は家族愛も感じる温かさが残りました。

人を殺すことでしか心が満たされない女。そんな女を包み込もうとする男の悲哀がヒシヒシと伝わり胸が締め付けられる感覚。

吉高由里子は、「蛇とピアス」を想い起こさせる刺激的な演技でとてもよかった。木村多江の設定はやや無理がある感じがして、原作の方が自然に登場し、騙されたかな。

ストーリーの中には充分入り込めた作品でした。

引用:映画.com

レビュー男3

体力奪われました

見終わった後の、かつてないほどの体力を奪われる感じ!
前半の過去の殺人の話はとても重く、目を背けてしまう場面もありました。
後半は予想を超える展開で、まさかの連続!
殺人については理解できないものの、悲しくもあり、温かくもある映画でした。
役者さんもみんな良かったです!
一緒に行った友人は号泣でした!
今なんとも言えない不思議な感情です。
上手く言えないですが、とりあえず観てほしい!!

引用:映画.com

レビュー女4

アナタとの愛が…“ユリゴコロ”に変わるとき

原作を読んでしまったことを激しく後悔した本作。

前半は原作の世界観がそのもので、主人公たちの異常な行為を幻想的な映像が美しく表現。
特に幼少期の池のシーンは素晴らしく、子役もよかった。
清原さんの表情も心に残るし、ハマり役。

でも、後半が違った。
謎解き要素は薄くなっていた。
決してそれが、よくない訳ではないけれど…私の脳内で創り上げられた先入観みたいなものが邪魔をして、のめり込めずに戸惑った。
泣けた、という感想は原作未読の人か、心が素直な人なのかな。

吉高さん演じる美紗子は予想通りに素晴らしく、猟奇的な表情に思わずゾクッとする。
佐津川さんは体重を減らして、病的な友人みつ子を病的に哀しく演じた。
でも、血や痛みが苦手な人は要注意。
大概は平気な私でも思い出すとクラっとする。

現代シーンでは、息子亮介=桃李くんの視点から描かれている。
過去シーンでは美紗子の視点から描かれていて、物語が行ったり来たりする。
そんな中でも映画と原作に共通して描かれているのは…
〝ユリゴコロ〟
同義語をあてるなら〝よりどころ〟
概念的に少し難しいので、映画のなかで美紗子が少しだけ説明するシーンを必死に聞いた。

生まれながらに、異常なほど硬くて冷たい美紗子の心は人の死でしか潤わない。
それを温めて柔らかくしたのが洋介=松山さんの温かさ。
運命的な出会い。
いや、悲劇的な出会い。
…2つの心が溶け合い、やがて浄化していった時に洋介は美紗子の唯一無二の〝アナタ〟になった。
ユリゴコロはやがて形を変えていく。
でも、彼の正しい優しさには容赦がなかった。

原作者は仏教的な考えが根底にあって、
愛とは何かを伝えたのだろう。
この夫婦の離れられない愛が中心に描かれていた。
映画では、息子亮介が中心に描かれているような気がする。
実家でノートを読んでからの彼の変化が見どころ。
まるで遺伝子が覚醒したかのような狂気や苛立ち。
つい1ヶ月くらい前まで撮影していたという桃李くんの熱演。
原作では語り部だと思ってた亮介の出番が予想以上に多い。
ファンには嬉しいのだけれど…

あの一瞬だけでなく、せめて現代シーンも松山さんと吉高さんが演じてくれたらなあ…
小説のラストシーンが好きな私は映画の中に忘れ物をして来たような気になってしまう。
いや、それもつくり手のねらいなのかもしれない。

人を殺めるという重すぎるテーマなのに、読み終えると温かい気持ちが胸いっぱいに広がるような感動が…映画ではあまり味わえなかった。

熊澤監督は自信満々に、本作を私に突きつけた。
物理的、人的な制約の中で監督はつくり手の最大限の工夫をしたに違いない。
伝えかった思いもあるだろう。
そうだ、私が解釈を間違えただけなのかもしれない。
自分を責めたい気分になる。

そして、諦めきれない私は…
また原作を読み返して、何度も劇場に通ってしまうのだろう。

おまけ…
ここ数年、読書の仕方が変わった。
読んでから観ると映画が楽しめない。
観てから読む。
原作を読まなきゃよかったとか、仕方がないとか…思いたくないから脚本に期待してもいいかな。
つくり手の解釈に期待してもいいかな。
原作ファンが諦めるしかない映画は哀しいから…

引用:映画.com

レビュー女5

ユリゴコロ

原作未読です。
予告を見てからすごく期待していて、楽しみにしていました。
結論から言いますと、期待以上でした。
序盤はすごくグロく酷いです。
しかし、話が進むにつれどんどんのめり込んでいきます。
そして、中間から話が加速し目が離せなくな
ります。
後半は容赦なく心にきます。
とてもオススメの映画です。
ちなみに、私は映画を見終わってから原作の小説を買って帰りました(笑)

引用:映画.com

 

 

 

ユリゴコロ 映画のフル動画を見た人のレビュー(Twitter編)

 

 

 

【警告】ユリゴコロ 映画のフル動画をdailymotion、youtube、Pandora、ニコニコ動画等での視聴はおすすめしません!

ユリゴコロ 映画のフル動画ですが、実はdailymotion、youtube、Pandora、ニコニコ動画等でも無料で見れる可能性があります。

 

しかし…

 

ユリゴコロ 映画のフル動画をdailymotion、youtube、Pandora、ニコニコ動画等での視聴はおすすめしません!

 

なぜなら、これらのサイトに上がっている動画は

 

違法動画

 

だからです。

 

だいぶ前から、違法動画のアップロードは犯罪として処罰の対象となっております。

 

それに加え現在では、違法動画を閲覧しただけでも処罰の対象となる恐れがあります。

 

しかも、これらの違法動画には、ウィルスの危険もあります。

 

個人情報、特にクレジットカードなどの情報が抜かれてしまったり、ウィルス感染したパソコンが突然クラッシュしたりする可能性があります。

 

危険が沢山ある違法動画の閲覧は、できる可能性はありますがおすすめいたしません。

 

ユリゴコロ 映画のフル動画を無料で見るには、大手動画配信サービスのU-NEXTに登録し、31日間基本料金無料キャンペーンの間にご覧になられるのが一番おすすめです。

 



※この情報は、2018年12月31日現在のものになります。現在実施中の31日間基本料金無料キャンペーンですが、予告なく終了する可能性があります。また、作品によっては、配信が終了しているかもしれません。最新の情報は、U-NEXTホームページにてご確認いただきますようお願いいたします。