私は、ピンポン 映画のフル動画を無料で見ました!

⇒こちらで

 

 

ピンポンは、松本大洋さんによる人気漫画作品を実写映画化した作品です。

 

 

ピンポン 映画のフル動画のあらすじですが…

勝つことに絶対的な自信を持ちながら天真爛漫で気分屋のペコと、“卓球は暇つぶし”と公言するクールなスマイルは幼なじみ。

二人は小さい頃から近所にある卓球場、タムラに通っていた。

高校生になった二人は共に片瀬高校卓球部に属していたものの練習にはまともに参加しない毎日を送っていた。

そんな二人が対戦すると必ずペコが優位に立つ。

しかし、日本卓球界の星と期待された過去を持つ卓球部顧問・小泉はスマイルの才能に目を付け…

 

これ以上話すとネタバレになりますので

⇒こちらでピンポン 映画のフル動画を無料でご覧になってください☆

 

 

【ピンポン】映画の動画がフルで見れるのに無料なのはなぜ?

【ピンポン】映画の動画がフルで見れるのに無料で見れるのはなぜなのでしょうか?

 

それは、大手動画配信サービスのU-NEXTに登録し

31日間基本料金無料キャンペーン

を使っているからです!

 

U-NEXTは、HuluやFODプレミアムなどと一緒で、

VODと言われるネット動画配信サービスの一つです。

 

このVODの中でU-NEXTは、特出してすごいんです!

    U-NEXT A社 B社
月額定額サービス 定額で利用できるサービス一覧
  • ビデオ見放題
  • 雑誌読み放題
  • 1,200円分のポイント付与/月
ビデオ見放題

ビデオ見放題

(他会員特典多数)

利用可能アカウント数
ビデオ配信内容 本数 約130,000本 約50,000本 約27,000本
配信ラインナップの特徴

全ジャンルが充実

特にアニメ・韓流ドラマ・ファミリーキッズ・アダルトビデオが他に比べ圧倒的

海外ドラマ・国内ドラマ・バラエティーが充実 特出事項なし
NHKオンデマンド

新作

(毎月付与されるポイントを使って見放題で視聴可能)

有料

アダルトビデオ

(成人向け)

 

(毎月付与されるポイントを使って視聴可能)

その他 ダウンロード機能 △一部可能
キャンペーン   31日間無料トライアル 14日間無料トライアル 30日間無料トライアル 

 

 

上の表を見てわかるように、

まず取り扱い本数がすごい!!

圧倒的の約130,000本!!

U-NEXTなら、新作もレンタルビデオ屋さん並み!

モノによっては

こちらの方が早い時もあります(^.^)

 

新作の場合は、サービス内のポイントが必用なのですが

(具体的には、300~540ポイントかかります)

登録時は600ポイントが付与されるので問題ありません。

 

【ピンポン】映画のフル動画は、見放題ですので

問題なく

無料視聴できますよ♪

 

(ちなみにこれは2018年10月の情報です。突然配信が終わっちゃう事もありますので、U-NEXTのサイトで最新の情報をご確認願います。)

 

 

実は、私は以前、ほかのサービスを使っていましたが

正直ないものの方が多かったです。

 

ストレスたまるんですよね。何気に。

 

やっぱり網羅性って大事ですよ!!

 

ピンポン 映画のフル動画のキャスト、監督、脚本などのスタッフ情報

こちらでは、ピンポン 映画のフル動画の出演陣、スタッフをまとめました。

 

ピンポン 映画のフル動画のキャスト

  • 星野裕 演:窪塚洋介
  • 月本誠 演:ARATA
  • 小泉丈 演:竹中直人
  • 大田(おおた) 演:荒川良々
  • 風間竜一 演:中村獅童
  • 佐久間学 演:大倉孝二
  • 真田昌幸 演:末満健一
  • 孔文革 演:サム・リー
  • オババ 演:夏木マリ
  • ムー子 演:三輪明日美
  • 多胡 – 近藤公園
  • 五味 – 平野貴大
  • 孔のコーチ – 翁華栄
  • 橋の上の巡査 – 松尾スズキ
  • 選手Aの父 – 山下真司
  • 選手Aの母 – 石野真子
  • 大学生カップル – 大浦龍宇一
  • 大学生カップル – 田中千絵
  • ゲームセンターのカップル – 津田寛治
  • ゲームセンターのカップル – 馬渕英里何
  • スタッフ – 佐藤二朗
  • 服部 まこ – 水谷妃里
  • 片瀬高校女子生徒 – 加賀野泉
  • 片瀬高校女子生徒 – 原田夏希
  • 片瀬高校卓球部員 – 守山歩
  • 片瀬高校卓球部員 – 西原亮
  • 片瀬高校卓球部員 – 鈴木清貴
  • 片瀬高校卓球部員 – 小山内勝
  • 片瀬高校卓球部員 – 上地慶
  • 片瀬高校卓球部員 – 大江聡
  • 片瀬高校卓球部員 – 斉藤直行
  • 片瀬高校卓球部員 – 樋田洋平
  • 海王学園高校卓球部員 – 虎牙光揮
  • 海王学園高校卓球部員 – 秋永裕司
  • 海王学園高校卓球部員 – 中村郁雄
  • 海王学園高校卓球部員 – 小川毅史
  • 海王学園高校卓球部員 – 平多康朔
  • 海王学園高校卓球部員 – 田村賢二
  • 海王学園高校卓球部員 – 周防進
  • 海王学園高校卓球部員 – 仲島武士
  • 生徒 – 冨田翔
  • 生徒 – 佐藤幹雄
  • 生徒 – 佐々木哲平
  • 少年太郎 – 小池城太朗
  • ラストの少年 – 染谷将太
  • クラスメイト – 田代惇一
  • クラスメイト – 吉川陸
  • クラスメイト – 伊藤善博
  • クラスメイト – 真貝晋史

 

 

ピンポン 映画のフル動画のスタッフ

  • 原作 – 松本大洋
  • 監督・VFX – 曽利文彦
  • 脚本 – 宮藤官九郎
  • 音楽監督 – 二見裕志
  • 主題歌 – SUPERCAR「YUMEGIWA LAST BOY」

 

 

ピンポン 映画のフル動画を見た人のレビュー(ネタバレもあるかも!)

こちらでは、ピンポン 映画のフル動画を見た人のレビューに関して映画紹介サイトと、Twitterにあったものをまとめました。

 

ピンポン 映画のフル動画を見た人のレビュー(映画紹介サイト編)

レビュー女1

邦スポ根最高峰

高校卓球を舞台に幼馴染の2人、ペコとスマイルの友情を描いた邦画のスポ根映画の最高峰。

主演に当時人気絶頂であったろう窪塚洋介、その相棒に井浦新。さらに脇を固める大倉孝二、中村獅童、夏木マリ、安定の荒川良々に奇才竹中直人。素晴らしい演技派を揃えた上に脚本がクドカン、劇伴がSUPERCARと個人的日本の良いところが詰まった作品!笑

原作ほぼ未読ながら松本大洋の癖の強い絵柄は印象が残っていて、まず驚くのがこの癖の強い原作を実写にしたのに違和感がほぼ無いこと。
昨今、原作レイプと称される実写映画が多いがこの作品は大当たりといっていいほど全役者が全キャラクターにぴったりハマっている(原作知らない人間がいうのもおかしいが笑)

窪塚洋介のあの奔放な振る舞いや喋り方はペコにピッタリだし、井浦新は鼻歌すら違和感なく演技としてこなしている。
さらにその2人をそれぞれ指導するオババこと夏木マリとバタフライジョーこと竹中直人らベテラン勢の演技も素晴らしい。
特に夏木マリは夏木マリにしかできないような、普通の女優がやったら臭すぎて観ていられないような笑、味のある演技をこれでもかと披露する。
竹中直人はいつも通り竹中直人なのだが、その中でもスマイルを懸命に指導しようとする不器用な姿がどこか可愛らしくもありハマっていた。まさに愛しいオバさんとおっさん指導者たち笑。

敵役も魅力的だ。
2人の共通の幼馴染、佐久間ことアクマ。
卓球歴はペコと同じ程度でスマイルよりも長く、より高みを目指して名門海王学園に入学。初年度の地区予選にてペコに圧勝するもスマイルの才能に嫉妬、憧れの先輩風間からはまったく認めてもらえず、卓球の道を諦めてしまう。
しかしやさぐれたペコの背中を後押しするくっさいくっさいセリフが最高にカッコ良く見える美味しいキャラクター。こちらも大倉孝二にとってのハマリ役だった。

さらには辻堂学園にやってきた中国からの留学生、孔ことチャイナ。スマイルの才能に破れかけ、対風間戦では圧倒的な差を見せ付けられる始末。決して弱くはないのに最初ペコを圧倒する以外に見せ場がない笑。
しかし1年後のペコ戦でのラストのセリフ。
「風間によろしく」が最高に潔くカッコいい!
咬ませ犬としか言いようがないがあえていうなら最高の咬ませ犬!である!笑

そして現役高校生最強のスキンヘッド、ドラゴンこと風間。海王学園の主将として2年連続のインターハイ優勝を牽引する張本人。
常勝のプレッシャーに押しつぶされそうになり、試合前はトイレに篭ったりと繊細な部分を見せもするが、いざ試合となれば狂人のような笑みと身体能力と圧力で相手を圧倒。
たった一つしか変わらないペコに対して小僧っ!!!!と罵る姿や笑止!!!などおよそ高校生らしくないどころか現代人らしくもない発言が似合いすぎるハゲを中村獅童が熱演。
ネタ要素満載だが純粋に強く、作中のラスボス的人物して君臨する。

とにかく窪塚洋介の奔放な演技が最高の作品。IWGPの窪塚キング好きな人には絶対に観てもらいたい作品。

引用:映画.com

レビュー女2

清々しいかっこよさ

原作はアニメとマンガで確認済み。

他の人に迷惑をかけないように行動を全て自己完結させようとする月本と
才能に奢りプライドだけが肥大化、自分が王様の世界を持つ星野。

青春の青臭さから一歩。
ヒーローも最初からかっこいいわけじゃない。
人や卓球を通じて揺れ動く心。

ふと、なにか本気でぶつかってみる元気がでる不思議な映画。

劇中で流れるスーパーカーのセンチメンタルな曲調がなんとも言えない。
曲自体、映画のスピードとシンクロしていて心地よかった。

訳者たちも原作のキャラ自体を飛び越えていて一つのレベルにまで達していて凄く面白い。
特に竹中直人とミスター太田役の役者さん。完全にその役に入っていた。
尺の関係もあろうが、あの濃いマンガをよくこの長さにまとめられたと思う。それでいて要所は抑えながら説明少なめでこっちに想像の幅が多く残されており、面白い。
これが映画の面白さか。

卓球の描写が実写のため少々淡白だが、何と言っても役者の表情と音楽がいい。

心地いい時間を過ごせた。

引用:映画.com

レビュー女3

ピンポン。

こないだ久しぶりに観たら、ずいぶん前の作品なのに古臭さを感じなかった。
スマイルが井浦新だって、今回気付いた。

引用:映画.com

レビュー女4

窪塚洋介が見たくて

絶賛窪塚洋介週間(自己妄想です)の時に観ました。
運動部系の映画好きじゃ無いから
窪塚洋介が出てないと見てなかったと思います。
映画変換されましたって感じで
スッキリ終わりました。
続きが見たいと少し思います。

引用:映画.com

レビュー女5

邦画新時代の代表的な一本

松本大洋のマンガ原作を映画化した本作。原作連載時から読んでいたので、劇場公開されると聞いた当初、あまり来たいは出来なかったのだが、蓋を開けてみると実に良く出来ていて、その評価は公開から10年以上経った今でも変わらない。

まず、脚本構成が良い。宮藤官九郎は、オリジナル脚本作品や自分で演出する感んと臭く貧になると、終盤に突然投げ出すかのような展開を見せるが、本作の前年に公開された『GO』なども同じように、原作のある作品の脚本・脚色だとしっかりと自分の味を出しながら、原作の良さを整理して脚本構成する。

また、窪塚洋介とARATAの2人が、役者として最も旬だった時期に本作が出来たのも幸運だった。2人とも、役を良く理解して自分のモノにしている。とくに窪塚洋介は、この作品から数年後には癖のある演技が行き過ぎてしまって復活まで時間を要したが、本作と前後して、『GO』『ピンポン』『ランドリー』などの作品では、実に素晴らしい時期だった。

さらに、VFXの使い方が素晴らしい。2000年を前後して、CG技術の発達の伴い、日本映画も上手くかつ効果的にVFXを映画に取り入れられるようになったきた。邦画界の新しい芽が、この時期に作られていったが、本作はそんな邦画新時代の代表的な一本と言える。

秀逸な青春ドラマの一本だと思う。

引用:映画.com

 

 

 

ピンポン 映画のフル動画を見た人のレビュー(Twitter編)

 

 

 

【警告】ピンポン 映画のフル動画をdailymotion、youtube、Pandora、ニコニコ動画等での視聴はおすすめしません!

ピンポン 映画のフル動画ですが、実はdailymotion、youtube、Pandora、ニコニコ動画等でも無料で見れる可能性があります。

 

しかし…

 

ピンポン 映画のフル動画をdailymotion、youtube、Pandora、ニコニコ動画等での視聴はおすすめしません!

 

なぜなら、これらのサイトに上がっている動画は

 

違法動画

 

だからです。

 

だいぶ前から、違法動画のアップロードは犯罪として処罰の対象となっております。

 

それに加え現在では、違法動画を閲覧しただけでも処罰の対象となる恐れがあります。

 

しかも、これらの違法動画には、ウィルスの危険もあります。

 

個人情報、特にクレジットカードなどの情報が抜かれてしまったり、ウィルス感染したパソコンが突然クラッシュしたりする可能性があります。

 

危険が沢山ある違法動画の閲覧は、できる可能性はありますがおすすめいたしません。

 

ピンポン 映画のフル動画を無料で見るには、大手動画配信サービスのU-NEXTに登録し、31日間基本料金無料キャンペーンの間にご覧になられるのが一番おすすめです。

 



※この情報は、2018年12月31日現在のものになります。現在実施中の31日間基本料金無料キャンペーンですが、予告なく終了する可能性があります。また、作品によっては、配信が終了しているかもしれません。最新の情報は、U-NEXTホームページにてご確認いただきますようお願いいたします。